容器と石鹸

髪を傷ませないコツ

パーマの女性

身だしなみに気を遣う女性にとって、髪の毛のセットは重要です。朝起きて髪を整える祭、多くの女性がヘアアイロンを使います。ヘアアイロンは、普通のアイロンのように高温に熱して髪の毛をストレートにする効果があります。同じストレートヘアでも、ボサボサの髪と綺麗に整った髪では与える印象が違ってきます。また、最近では髪を巻いて、可愛くアレンジできるヘアアイロンも登場して、需要がますます高まっています。ヘアアイロンを毎日髪に巻いていると、だんだん髪が傷んできます。入浴の度にトリートメントなどで髪を保護していても、高温に熱したアイロンに通すと保護成分も効果がなくなります。ヘアアイロンをしても髪が傷まないようにするにはいくつかコツがあるのです。
第一に濡れた髪の毛に使用しないことです。髪が濡れた状態でヘアアイロンを当てると、髪の水分が蒸発してしまい、乾いた状態よりも髪にかかる負担は大きくなるのです。また、セットも上手くいかない場合があるので、なるべく髪を乾かしてから使用しましょう。ヘアアイロンを使う直前にヘアオイルをつけると、髪のダメージを減らせます。オイルで髪を保護することで水分の蒸発を防ぎ、潤いを持続させられるのです。ヘアアイロンをした後のスタイルキープにも効果的です。他にも、ヘアアイロンの温度にも注意しましょう。いきなり高温設定するのではなく、低温から徐々に上げていくようにします。温度を上げる上限は百二十度です。それ以上は髪に大ダメージを与えてしまいます。